【週何回?】薬学部でバイトはいつまでできるのか【薬学生の月収】

薬学部に関する情報

こんにちは。椎葉です。

 

<strong>薬学生になる人</strong>
薬学生になる人

「薬学部でバイトはいつまでできるの?」
「週何回ぐらい?月収は?」
「みんなどんなバイトをしているの?」

このような悩みを解消します。

 

本記事では薬学部はいつまでバイトができるのか?頻度はどれくらいなのかについて徹底解説しています。

 

みんながしているおすすめのバイト高時給のバイトについても紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

✔️記事の内容
・薬学部でバイトはいつまでできるのか?
・薬学部ではバイトは週何回?月収は?
・薬学部のおすすめのバイトは?

です。
順に解説します。

 

薬学部でバイトはいつまでできるのか?

薬学部部では1〜6年生までバイトはできます

 

ですが、現実的に考えてガッツリとバイトができるのは1〜3年生か4年生までです。

 

薬学部1〜4年生のバイト事情

1〜3年生もしくは4年生までなら薬学部でもバイトは普通にできます。

 

大学の時間割にもよりますが平日でも大学が終わってからバイトに行けたりもします
(土日は余裕)

 

薬学部5年生のバイト事情

薬学部5年生は実務実習があるので土日なら時間を作れる程度で、平日は厳しいです。

 

実務実習は実際の薬剤師の現場に行くので「勉強している」というよりかは「働いている」という感覚なので土日は休みたいのでバイトをしないと言う人も多いです。

 

薬学部6年生のバイト事情

薬学部6年生では国家試験対策に追われる日々なのでバイトはしずらいと思います。

  

国家試験が控えているためバイトをしない人の方が多いように感じます。
土日や休日などに勉強の気分転換にする人はいますがガッツリバイトをする人はいないでしょう。

 

薬学部ではバイトは週何回?月収は?

比較的バイトができる薬学部1年生〜4年生までは週2,3で1ヶ月の給料は3〜8万円程度です。

 

働き方は人のよって違います

・平日にちょこちょこバイトする人
・土日はガッツリバイトをする人
・早朝バイトをする人
・深夜のバイトをする人

など様々です。

 

優劣はつけれませんが、自分がしんどくなったり次に日に学生生活に支障が出る働き方はやめましょう。

 

お金が欲しいのはわかりますが、勉強をおろそかにしては本末転倒です。
自分の生活スタイルにあった働き方を見つけましょう。

 

薬学生がバイトを控えるべきタイミング

薬学部では週3回程度のバイトが平均的と言いましたが、バイトを控えるべきタイミングもあります。

・テスト前やテスト期間
・実習や実験がたくさんあるとき

この時期はバイトを控えるべきです。

 

テスト前やテスト期間

基本的にテスト前やテスト期間はバイトをしない方がいいです。

 

理由としてはテスト勉強がおろそかになって単位を落としたり、留年したりする可能性があるからです。

 

実際テスト期間にバイトを入れて勉強が間に合わず留年してしまう人はちょこちょこいます。

 

薬学部のテスト勉強は1ヶ月前ぐらいからが最適なので、テスト2,3週間前からはバイトを控えましょう。
テスト期間のバイトは絶対にやめた方がいいです。

 

実習や実験がたくさんあるとき

実習や実験がたくさんあるときも要注意です。

 

実習や実験はかなり時間を取られます。
なのでその時にバイトを入れてしまうと実習の課題やレポートの提出が間に合わないことがあります。

 

1つの実習や実験はでは

1.事前課題
2.昼〜夕方までの実習や実験
3.実験結果のレポート

これらをしてやっと終わりです。

 

バイトがたくさん入っているとレポートが出来なかったり、事前課題に取り組めなかったりします。
そうなってしまうと成績に大きく響きます。(最悪留年もあり得る)

 

実習や実験がたくさんなる時期はバイトは控えましょう。

 

薬学部のおすすめのバイトは?

薬学部でみんながしているおすすめのバイトについて紹介します。

 

薬学部でおすすめのバイトは

・飲食店
・居酒屋
・ドラッグストア
・塾講師や家庭教師

です。

飲食店

おすすめ度★★★★★
人気度★★★★☆
時給900〜1000円

薬学生のみならず、大学生の超定番のバイトです。

 

チェーン店から個人店まで様々なお店があります。
何でもいいからとりあえずバイトがしたい人は自分の好きな食べ物がある飲食店で働くのがおすすめ。

 

居酒屋

おすすめ度★★★★★
人気度★★★★★
時給1000円前後

こちらも大人気のバイトです。

 

居酒屋と飲食店を分けているのは、働いている年齢層が若いという理由があるからです。

 

同じ大学生が比較的多いため、1番人気のバイトです。
同世代が多いため話なども合うので楽しく働けるのが居酒屋バイトの特徴です。

 

楽しく働きたい人は居酒屋バイトがおすすめです。

 

ドラッグストア

おすすめ度★★★★★
人気度★★★☆☆
時給900〜1000円

薬学生といえばドラッグストア!

 

実際に薬剤師が働いている現場でバイトができ、薬なども取り扱うので勉強になることが特徴。

 

また、薬剤師は薬学生の苦労を1番わかる人なので、仲良くなれれば相談やアドバイスがもらえるかもしれません。

 

塾講師や家庭教師

おすすめ度★★★★☆
人気度★★★☆☆
時給1200〜3000円

「薬学生ブランド」を活かせるバイトです。

 

人に勉強を教えるのが得意な人はぜひやるべきバイトです。

 

時給に関してはバイト先やその人の学歴によって大きく変わりますが、普通のバイトに比べると間違いなく高時給です。
ちなみに塾講師よりも家庭教師の方が時給は高い傾向にあります。

 

 

以上が薬学部でおすすめな人気バイトでした。
バイトを申し込で働くとお祝い金をもらえるお得なバイト求人はこちら↓

最大15万円のお祝金を貰うなら『ギガバイト』

 

【週何回?】薬学部でバイトはいつまでできるのか【薬学生の月収】:まとめ

薬学部でバイトは1〜6年生までできます。

 

ですが、5、6年生はかなり忙しいのでガッツリとバイトができるのは4年生あたりまでです。

 

頻度としては週3回で給料は月3〜8万程度です。
バイトも勉強もしっかりとして薬学生活を有意義なものにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました