[萎え]薬学部で勉強に飽きた時の対処法

薬学部に関する情報

こんにちは、椎葉です。

 

「毎日毎日、勉強だらけで薬学部に飽きてしまった」
「膨大な課題に萎えている」

 

という薬学生の悩みを解消します。

では、「薬学部で勉強に飽きた時の対処法」を一緒に見て行きましょう。

 

[萎え]薬学部で勉強に飽きた時の対処法

薬学部で勉強に飽きた時は

・再度、薬剤師になってやりたい事を考える

・研究室に行って見学させてもらう


・勉強に対するハードルを下げてみる


・友人とテストの点数で勝負する


・1度勉強から離れてリフレッシュする

です。

1つ1つ解説します。

 

再度、薬剤師になってやりたい事を考える

どうしても勉強に飽きたときには薬学部を目指したときに

・なんで薬剤師になりたいと思ったのか
・薬剤師になってどんな事をしたいのか
・自分が薬剤師になったら誰が喜んでくれるか

などを考えてみましょう!

 

また自分のなりたい薬剤師像から逆算していま何をすべきかを明確にしてみるのもいいかもしれません。!

 

研究室に行って見学させてもらう

意外とみんなやっていない事ですが
研究室を見学すると勉強に対するモチベーションが上がります。

なぜなら、研究室では実験などを先輩や教授たちが実際に行っており、
それを見してもらうということは座学で今学んでいる知識
目でみることがでるからです。

百聞は一見にしかず
という言葉がありますがまさに「座学「実習」はこの関係です。

 

授業では教授の言っていることがわからなくても
実際の物を見れば一気に理解できるでしょう。

 

研究室を見学するのであれば自分の興味のある分野を選んで行きましょう。

自分の興味のある分野を見学できればモチベーションも上がって勉強を熱心にできるようになります。

勉強に対するハードルを下げてみる

最初から完璧を求めるのではなく
30〜50%程度の完成度を第一目標にして見ましょう!

 

燃え尽きやすい人の特徴として、
最初から100%仕上げなければいけないと思ってまう
いわゆる真面目な人が多いです。

もちろんこの勉強に対する姿勢はとてもいいことです!

 

ですが、課題やテスト勉強を「完璧にこなさなくちゃいけない」
というプレッシャーで疲れてしまう。
→飽きたり、燃え尽きたりする。

 

物事には段階があります。例えば
赤ん坊が言葉を話せるようになるまでに

最初は一番よく使う「パパ」「ママ」などの単語から
徐々に話をできるよになります。

 

階段を1段1段上のぼる事と同じでまずは1つ。
そしてその次にまた1つと段階を踏んでその結果が100%になればいい
ただそれだけです。
 

友人とテストの点で勝負する

孤独にコツコツと積み上げるのは正直、しんどいです。

なのでそんな時は、友人たちと競い合ってモチベーションを高めてみましょう!

 

友人との競い合いに勝てばその現状を維持したくなり、
友人との競い合いに負けたら次は勝ってやると現状を変えたくなるので
この方法は非常にオススメです!

 

1度勉強から離れてリフレッシュする

どうしても嫌になったら1度離れてみるのもありです。

自分の趣味や、やりたい事に没頭する時間を作るのは
結果的に勉強へのモチベーションをあげてくれます。

 

どうしても薬学部の勉強に飽きてしまったら
思いっきてリフレッシュして見ましょう!

 

まとめ

薬学部で勉強に飽きた時の対処法

・再度、薬剤師になってやりたい事を考える

・研究室に行って見学させてもらう


・勉強に対するハードルを下げてみる


・友人とテストの点数で勝負する


・1度勉強から離れてリフレッシュする

 

でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました