薬学部を留年したとしても問題なし。【転学・編入についても解説】

薬学部に関する情報

こんにちは、椎葉です。

 

「薬学部を留年してどうすればいいかわからない」
「薬学部を留年したけど転学や編入はするべき?」
「留年した薬学生のその後を知りたい」

このような悩みに答えます。

 

本記事では薬学部を留年したらどうすればいいかについて解説しています。

 

何をするにも自分の気持ちに整理がつかないままでは、うまく行くものも失敗してしまいます。
この記事を読んで自分の気持ちを整理して次の行動にうつることをオススメします。

 

✔️記事の内容
・薬学部を留年した→問題なしです。
・薬学部で1度留年したとしても薬剤師を目指すべきなのか
・薬学部を留年したら転学や編入をするべきなのか
・薬学部を留年した後真っ先にすべき行動

です。

順に解説します。

 

*留年したor留年しそうで焦る気持ちはわかりますが、今後の自分のために時間をかけてじっくり読んでみて下さい。

 

薬学部を留年した→問題なしです。

薬学部を留年してしまっても問題なしです。

 

理由としては

・人生が終わる訳ではない
・むしろ状況を一度整理できる
・留年して薬剤師になった人はたくさんいる

です。

日本では「留年=恥ずかしい」と言うイメージがありますが実際はそんなことありません。

人生が終わる訳ではない

留年したからといって人生が終わる訳ではありません。
大学で留年したから卒業できない事もありませんし就職できない事もありません

 

社会に出るのが1年、2年遅れるだけです。
私立薬学部の場合は続けるなら学費が余分にかかりますが、学費や奨学金の免除制度もあります。

 

留年を機に今一度自分のやりたいことに向き合ってみましょう。

むしろ状況を一度整理できる

薬学生は

・実験や実習
・アルバイト
・大量の授業とその課題

これらがあるためゆっくり考える時間が少なく、すごいスピード感で日常が過ぎていきます。

 

そんな中で、自分が取れなっかた単位や生活習慣などを今1度整理して次の学年に進むことができます

 

もちろん1年間余分に時間はかかりますが今後の何十年という人生に比べれば誤差です。

留年して薬剤師になった人はたくさんいる

留年を経験して薬学部を卒業した人はたくさんいます。
その後に薬剤師として働いている人も多数います。

 

留年したからと言って薬学部を卒業できない訳でも薬剤師になれない訳でもありません

 

もちろん薬学部でなくても、編入して他の大学をでる選択肢もあります。

薬学部で1度留年したとしても薬剤師を目指すべきなのか

薬学部を留年してまで薬剤師を目指すべきなのかについてですが、
薬剤師になりたいと思う強い気持ちがあるなら薬剤師を目指すべきです。

 

また留年したらどうするの?

これに関しては頑張る覚悟が必要です。

 

1度留年してしまったということは今まで通りの頑張りでは通用しないことを念頭において勉強を頑張るしかありません。

薬剤師への興味は薄いが、やめてしまうと何も残らないから辞めれない

そんな覚悟を持ってまで薬剤師になりたくはないけど、大学をやめてしまったら何も残らないのが心配で辞めれない。

 

このように考えている方は1度休学するのもありです。

・休学して他にやりたいことを見つける
・休学中にやっぱり薬剤師になりたいと思える

このどちらかの考えになる事がほとんどだと思います。

周りとの遅れを感じて、休学なんてゆっくりしてられないと焦る気持ちはわかりますが、落ち着いて考える事は大事です。

 

自分の人生は周りと比べる必要なしです。

薬学部を留年したら転学や編入をするべきなのか

薬学部から転学や編入することに関しては

・薬剤師よりやりたい事を見つけた
・違う大学や専門学校に行きたい明確な理由がある

このような考えがあれば試してみる価値は十分にあります。

転学や編入する際に注意すべき事

転学や編入をする時に注意してほしいことが1つあります。

 

こんな質問を自分にしてみて下さい。

「本当にやりたいことなのか?薬学部が嫌だから無理やり逃げ場を作っているだけでは無いのか?」

 

薬学部が嫌だから本当はそこまで興味のないことをやりたい事と思ってしまっていないかをチェックして下さい。

 

本当にやりたい事であれば挑戦してみましょう。

薬学部を留年した後真っ先にすべき行動

薬学部を留年した後真っ先にすべき行動はいったん落ち着く事です。

 

焦った状態では正確な判断ができなかったり、空回りしてしまったりします。
この記事のタイトル通り薬学部を留年しても問題なしです。

 

落ち着いてから行動したり、挑戦したりしましょう。

どうやって落ち着けばいいのか

自分を落ち着かせる具体的な行動としては

・人と話す
・自然に触れる
・少し趣味に没頭してみる

です、

人と話す

これが1番効果があります。
人に話を聞いてもらうだけでかなり楽になって冷静さを取り戻すことができます。

 

信頼できる友人をご飯誘ったり、恋人や家族に相談してみて下さい。

自然に触れる

プチ旅行などをして自然が豊かなところに行ってみるのもかなり効果的です。

また、自然の中で運動することは人間のストレスや不安感を大幅に減らす研修データもあるのでサイクリングやハイキングなどもおすすめです。

ちなみに、僕は辛いことや不安なことがあれば大きめの公園を散歩するようにしています。
テスト前などのメンタルがやられている時にかなり助けられています。

少し趣味に没頭してみる

自分の趣味に没頭していったん現実逃避するのもありです。

 

もちろんその後現実と向き合わければいけませんが気持ちが楽になったり、冷静になったりできます。

薬学部を留年したとしても問題なし。【転学・編入についても解説】:まとめ

薬学部で留年しても人生が終わるわけではありません。

 

もう一度頑張れば薬剤師にもなれるし、違うことに挑戦するのもありです。
大切なのは過去ではなく、未来を見ること

 

過去はどうしようもありませんが、未来は今の自分次第でどうにでもできます。

 

あー。終わった。と思うのではなく
よし!やってやろう!ぐらいのテンションでいれば問題なしです。

 

 

以上、薬学部を留年したとしても問題なし。【転学・編入についても解説】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました