[脱・留年]薬学部で留年する人の特徴は?[薬学部あるある]

薬学部に関する情報

こんにちは、椎葉です。

悩んでいる人
悩んでいる人

「薬学部留年する人の特徴は?」
「薬学部の留年怖いから留年対策を知りたい」
「薬学部あるあるを知りたい」

今回は薬学部で留年する人の特徴と留年対する対策まで掘り下げて
現役薬学生である僕が解説して行きたいと思います。

記事の内容
・薬学部で留年する人の特徴(薬学部あるある)
・留年の対策法について

 

です。
留年を回避したい皆さんには必見です!

 

薬学部で留年する人の特徴は?

薬学部で留年する人の特徴は

・出席だけして講義に出ない
・遅刻癖のある人
・バイトをしすぎている
・よくオールして遊び呆けている
・復習や課題をしない
・生活や予定の管理ができない
・家が遠すぎる
・なんとなく薬学部に入った

です。(上の項目は重要度が高い)

 

1つ1つ順番に見て行きたいと思います。

出席だけして講義に出ない

これはよく講義を飛ぶと言いますが
他の学部でこれが通用しても

薬学部では通用しません。

 

実際に留年をしている人たちはよく講義を飛んで
います


授業がわかりにくい教授もいるのは事実ですが
講義を聞いて理解しないとテストでも点は取れないし
国家試験の勉強もできていないことになります。

 

この行為は留年している人に本当に多いので
留年したくないのなら

きちんと講義に出て話を聞きましょう。

 

遅刻癖のある人

通称:1限目まぼろしポケモン

 

遅刻癖って染み付いてるものなんで
なかなか治らないのが厄介。

 

これも結果、講義に出ていなという状況に
なるので留年しがちな人の特徴です。

 

講義に遅刻するならまだマシですが
テストに遅刻すると試験すら受けれないことになって
どんなに必死に勉強してようが単位を落とすことに
なります。

 

遅刻癖は早いうちに治しましょう。

バイトをしすぎている

極端にバイトをしていると
勉強がおろそかになって
留年というケースがあります

 

そして驚くことに
バイトがあるから講義を飛ぶ人がいます

私立の薬学部の場合1年の学費は約200万円

そして授業料から計算すると1回の講義は
8千円〜1万円程度。

 

つまり講義1回分の知識と約1万円を捨てて
時給1000円のバイトに行く。

 

こんなに無駄なことってありますか?

バイトをするなとは言いませんが講義やテストが最優先です
バイトをする場合はほどほどにしましょう。(週2〜3程度)

よくオールして遊び呆けている

これも留年する人の特徴です。

オールすると明日の講義に行けなっかたり
行けても寝てしまって講義を聞けない

という状況になります。

 

オールをするなとはいいませんが
タイミングや時期をしっかり考えましょう。

復習や課題をしない

復習や課題をしない人は普段から勉強する
癖がつかないのでテスト前に大量の暗記に追われます。

 

その結果試験で点を取れなくて単位をちょこちょこ
落として留年してしまいます。

 

中学や高校の定期テストなら
一夜漬けでも対応できたかもしれませんが
薬学部のテストは一夜漬けでは対応できません。

生活や予定の管理ができない

薬学部は基本的に全科目必修で講義が
詰まっています。

なので提出物の期限などをしっかりと
自分なりに把握しておかないと気づいたら期限が過ぎていた
という事が頻繁に起きます。

 

また講義の時間変更や実習の準備
なども自分で確認しておかないといけないので

生活や予定の管理が甘い人は気をつけましょう。

家が遠すぎる

片道2時間半を超えてくるようになると
交通機関のトラブルで
講義に間に合わなっかたり、忘れ物をしたりすると
詰みます。

 

もし親が許してくれるなら
一人暮らしなどを検討した方がいいかもしれません

なんとなく薬学部に入った

このタイプの人はそこまでしんどい学生生活をしてまで
薬剤師になりたいというモチベーションがないことから

授業や実習、テスト勉強などを頑張れず
留年するケースが多いです。

 

もちろんせっかく薬学部に入ったから頑張る
という人もいますが

モチベーションを維持できないときついかもしれません。

留年の対策法について

留年する人の特徴がわかったところで、留年しないためにはどの様のすればいいのでしょうか?

 

答え:逆のことをしましょう

 

・出席だけして講義に出ない
 →講義にはしっかり出る


・遅刻癖のある人
 →遅刻をしない様にする

 
・バイトをしすぎている
 →バイトはほどほどにする(勉強優先


・よくオールして遊び呆けている
 →きちんと夜に寝る


・復習や課題をしない
 →通学の時間もきちんと復習する。課題は期限までに必ず提出する。


・生活や予定の管理ができない
 →アプリなどを使って予定をきちんと管理する


・家が遠すぎる
 →親に相談して一人暮らしを検討する(できない場合は仕方ない)


・なんとなく薬学部に入った
 →これに関してはもう入ってしまったものは仕方ない
  気持ちを切り替えて周りに負けない様に頑張りましょう

 

「え?それだけ?」
「なんかこう一発逆転みたいなこれをすれば絶対テスト合格できるとかないの?」

と思ったかもしれませんがそんなものはありません

 

地道に努力を積み上げた人が最後に笑顔で卒業して国家試験に挑めるのです。

効率的な勉強法などはありますが、いくら効率的と言ってもある程度「量」をこなさないと自分の力にはなりません。

効率的な勉強法については各教科ごとのまとめてありますの参考にしてみてください。(あくまで効率的なので1回で全てが身につく方法ではないです)

薬理学編生化学編

まとめ

薬学部を留年する人の特徴は

・出席だけして講義に出ない
・遅刻癖のある人
・バイトをしすぎている
・よくオールして遊び呆けている
・復習や課題をしない
・生活や予定の管理ができない
・家が遠すぎる
・なんとなく薬学部に入った

 

 

そして留年の対策としては逆のことをすれば良い

・講義にはきちんと出る
・遅刻をしない
・勉強優先でバイトはほどほどに
・復習はしっかりする。課題は期限までに必ず提出
・予定や自己管理をする
・家が遠すぎる場合は一人暮らしを検討してみる
・周りに負けない様切り替えて頑張る

でした。

そして、薬学部を留年してしまうと
学費や奨学金はどうなってしまうのかについても
詳しく解説した記事もあるのでぜひ参考にして見てください

また、特徴がわかってもモチベーションが上がらないという方に
薬学部でモチベーションを上げる方法についての記事も
書いているので

モチベを上げたい、下がったモチベをどうにかしたい
という方は是非みて行ってください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました